top of page
検索
  • 執筆者の写真I

PNFテクニックの効果

更新日:6月11日


4月から新年度がはじまり生活が一段落してきた頃、6月になってお身体やメンタルの不調を感じられる方も多いようです。

6月病とも言われるこの梅雨の時期は大気が低気圧になり、副交感神経が優位になり「だるさ、やる気が出ない」などの症状を感じてしまいます☔

ジメジメや気温の寒暖差もお身体へのストレスになります。


姿勢も次第に前傾になり、内臓を圧迫して胃腸などに負担がかかります。肺も圧迫されて呼吸も浅くなり酸素を吸い込む量も少なくなってしまいます🫁。


身体が前傾になることでスマホ首、ストレートネック、肩こり、腰痛などの症状も引き起こしてしまいます。ぎっくり腰気味の方も少なくありません。

🇺🇸米国リハビリ手技療法から生まれた『PNFテクニック』は神経の情報伝達力を正常化し、神経による筋肉の状態を高めて筋力を取り戻し、身体の機能や痛みを改善していく運動療法です。

全身の身体機能の向上や姿勢とバランスの改善、

運動能力の向上、筋肉の柔軟性や敏捷性、可動性、

疼痛の緩和など様々な効果があります。

⭐メニューとしてはPNFストレッチ、PNF筋膜リリースやPNF上肢・下肢パターン、PNF頚椎パターン、PNF骨盤矯正、PNF小顔矯正、PNFコアパターンなどがあります。

PNF小顔矯正は脳脊髄液の流れを改善し自律神経系の調整も可能です。


P(proprioceptive):固有受容性感覚器:筋肉や皮膚に力が働いているかを感じる感覚器、筋肉や腱の中にある。(筋紡錘、腱紡錘など)


N(Neuromuscular):神経筋:運動神経と筋肉の間で情報のやり取りをする仕組み。

F(Facilitation):促通法:動作、機能を遂行し容易、便利化すること。

メニューに悩まれた方は症状に合わせたオリジナルメニューでの施術をさせて頂きます✨

是非お気軽にご相談下さいませ☺️



✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️


セラピスト・施術家の方にはPNFストレッチの講習会も行っております。

女性の方でも行えるソフト整体です。

1日7時間で全身(仰向けの上肢・下肢、座位)の技術を習得できます✨

お問い合わせはDMまたは、一般社団法人日本PNFテクニック協会のホームぺージから、講習会の詳細やスケジュールをご覧くださいませ。


🌺Esthetic&Stretch Salon Melia🌺


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


記事: Blog2_Post
bottom of page